伝教大師1200年大遠忌記念 特別展「最澄と天台宗のすべて」
国宝「聖徳太子及び天台高僧像」 十幅のうち 最澄

国宝「聖徳太子及び天台高僧像」 十幅のうち 最澄

平安時代 絹本着色 兵庫・一乗寺蔵

※東京会場・京都会場のみ出品(展示期間未定)

2021年は、日本天台宗の宗祖、伝教大師最澄がお亡くなりになってから1200年にあたります。


本展覧会は、最澄1200年遠忌の節目に、2021~22年にかけて、東京、京都、九州にある国立博物館の3館において開催、天台宗の総本山である比叡山延暦寺をはじめ、全国各地の天台宗諸寺院等が所蔵する国宝、重要文化財含む貴重な宝物を一挙に紹介する貴重な機会となります。


万人救済を目指した『法華経』の精神を重んじた天台宗は、広範な支持を得て全国に展開致しましたが、開催各館ではその立地を活かし、地域性にも重点を置き、各会場で特色ある展示となるよう意図しております。それぞれの内容をお楽しみいただければと思います。


また、延暦寺の本堂である「根本中堂」が、2016年度から10年かけて修理される予定となっており、この得難い機会を活かして平素ご覧頂けない関連文化財の公開を予定しております。

一部 出品予定作品

重要文化財「薬師如来坐像」

平安時代 木造 岐阜・願興寺蔵

重要文化財「薬師如来坐像」

※東京会場のみ出品

「菩薩遊戯坐像」(伝如意輪観音)

鎌倉時代 木造 愛媛・等妙寺蔵

「菩薩遊戯坐像」(伝如意輪観音)

※九州会場・京都会場のみ出品

「護法童子立像」

鎌倉時代 木造 滋賀・延暦寺蔵

「護法童子立像」

※全会場出品

開催概要

東京会場

会期

2021年10月12日(火)~11月21日(日)

会場

東京国立博物館

〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9

主催

東京国立博物館、天台宗、比叡山延暦寺、読売新聞社

九州会場

会期

2022年2月8日(火)~3月21日(月・祝)

会場

九州国立博物館

〒818-0118 福岡県太宰府市石坂4丁目7-2

主催

九州国立博物館・福岡県、天台宗、比叡山延暦寺、読売新聞社

京都会場

会期

2022年4月12日(火)~5月22日(日)

会場

京都国立博物館

〒605-0931 京都市東山区茶屋町527

主催

京都国立博物館、天台宗、比叡山延暦寺、読売新聞社、読売テレビ

  • ※展示作品・会期等については、今後の諸事情により変更する場合がありますので、本サイト等でご確認ください。